『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

2012年10月7日 東京公演
107.png

ファントム   橋元 聖地
クリスティーヌ 苫田 亜沙子
ラウル     鈴木 涼太
カルロッタ   浅井 美波
メグ・ジリー  西田 ゆりあ
マダム・ジリー 戸田 愛子
ピアンジ    永井 崇多宏
アンドレ    増田 守人
フィルマン   平良 交一
レイエ     斉藤 譲
ルフェーブル  岡本 隆生
ブケ―     寺田 真実

オーケストラ指揮 濱本 広洋

恐ろしい程、長文です。ご覚悟のほど・・・

本当に昨日は、思い切って賭け買いしたチケット。
キャストは素晴らしいし、指揮は濱本さんだし、何より新ファントム橋元さんを拝見できたことは最高でしたそして、初 最前列席。前回の先行で数枚の最前列を手に入れていますが、思いがけない突然の最前列チケットに、新ファントムより興奮してしまいました(笑)。
本当に何もかもよく見えます。
アンサンブルがどの場面でどの役を演じているかもわかるし、アンドレ&フィルマン役が実はオークションに参加してるとは、全く知りませんでした。
あ、もちろん見物客役でしょうが。
表情も、ちょっとしたしぐさも、マイクに入らないたくさんのセリフも分かり放題です(笑)。そしてカテコの近いこと。私は今日叫びましたね(笑)。それは後程。
最前列はたくさん観てきた方程、醍醐味の質が上がる気がします。
初めの頃だと、逆にもったいないかも。

苫田クリス
スィンク・オブ・ミーで調子の良さが分かりました。墓場にて、は私の席の目の前が
立ち位置なので、まるで私のためだけに歌ってくれてるよう(笑)
迫力十分。可愛さ十分。あのマシュマロのような胸の谷間もバッチリで(笑)、
あれは女性でもそそられる。

涼太ラウル
だいたい書くことは決まっていますが(笑)、ALL I ASK~のキスシーンはちょっと
本気過ぎるよ~。何十回もキス見たけど、最前列だとここまで見えちゃうのかってくらいリアルで。
涼太ラウル、くちびる重ねるだけじゃないんですよ。軽く動かすんです。 苫田クリスの時だけと思いますけど。前回もそうですが、最近苫田クリスがラウル寄りに見えて仕方ないのは、こいつのキスのせいか、と(笑)。
ラストは相変わらず、茫然自失でしたが、高井ファントムじゃないだけなんていうか、
余裕(笑)を感じました。多分、苫田クリスが高井ファントムだと本気と申しますか、夫婦感も出るから、嫉妬もハンパないというか。
今日は俺が勝ってる、といったところでしょうか(笑)。

ジャーン 初 橋元ファントム
本当に新しいファントムが登場した、と思いました。
他ファントムと比べてしまうのは人の常ですが、結局そこは好みの問題。
橋元ファントムは、逆に比べようがないと申しましょうか・・・
新たなカテゴリーの出現かと思います。

とにかく歌がうまい!
ファントムの音域はどこまでも余裕で、声は伸びるし、声量も素晴らしいし、
何より、表情が細かく切り替わっていく様は、凄いとしかいいようが。
本当に凄かった。
特にラストのクリスが「悲しみの涙今 憎しみに変わる」と歌った瞬間、クリスが自分を憎み始めてしまった!という戸惑いと恐れを見事に表情で表していて、しかしすぐさま「もうだめだ 取り返しはつかぬ」とまるで自分に言い聞かせることも含めて、ファントム狂気の顔に戻っていくんです。
素晴らしい!! 
表現力が凄くて、橋元ファントムから全く目を離すことができませんでした。
演技の完成度は、完璧では?
相当解釈を練ってきたな、と努力の二文字が見えました。
というより、演技のセンスが長けているのかも。
あとは単に、ファントム回数を重ねていくだけと思います。
高井さんや佐野さんの時は、ここ声出るかな~と心配箇所がいくつかありますが、
橋元ファントムにそんな心配は無用でございます。
「ここはどこまで聴かせてくれるんだろう」と、どの場面も期待から入っていけて、
しかもそれを裏切りません。
ただ「ん?」と思うのは、声質かな~
美声って感じはしないですね、私は。
声の魅力はいまひとつながら、市村正親さんや佐野さんと声が似ている、
と思うところがありました。
あとはセリフでしょうか。たどたどしかったな~、やっぱり。
それと笑い方・・・・「ヘーッヘッヘッヘッヘ」ってそれドンファンのピアンジじゃん。
品格降落でちょっと耳をおおいたくなりました。
ファントムは紳士ですから、どうか修正を・・・。


ザ・ミラー
「わーたしーのー 宝ものに」
意志にかかわらず、ひたすら高井ファントムを聴いてきたために、
耳がハイバリトンを求めていて(笑)、なんか変な感じでした。
リンゴかと思って食べたら梨だった、みたいな違和感。
ここは橋元ファントムに集中しないと、ずっと高井ファントムの声を
思い出してしまう・・・と焦りました(笑)。
なので、あまり覚えていません。すみません。
思い出そうとすると、高井ボイスが聴こえてくるー(-_-;)

オペラ座の怪人 
セクシーファントムはちょっとあっさりだったけど、目を細めてクリスを見つめたのは
ドキッとしました。そのうち官能度も上げてくれそうですし(笑)、今しばらくお待ちくださいってところでしょうか。
背丈は佐野さんと高井さんの間くらいで、ホント鍛えている韓国男性特有の
モムチャン体系(笑)です。

MOTN
お上手でした。でも、とても慎重に歌っていた感じです。
歌い込む程、橋元ファントムのMOTNも聴きごたえが増しそうですね。
なんといっても「心のおもむくまま        」は素晴らしいというか素敵
うわー、もう一回聴きたい!今のをもっとじっくり聴きたい!と思いました。
「私にゆだねてほしい 私をさわってほしい」は私の目の前で繰り広げられ(笑)、
ちょっとこの場面だけは高井ファントム&苫田クリスでお願いしたいなぁ
と思ってしまいました。
大山ファントム同様、早々にクリスをガッツリ触るわけもなく、台本通りな所作の運び。
こちらもそのうちガッツリ触れるよう、官能ファントム降臨を期待します(笑)。

アポロシーン
最前列はアポロのファントムが全く見えないのですね。
とそれは、前からそうだろうとは思っていたけど、やっぱり残念。
本当にすべてを網羅する完璧な座席ってないんですよね~。
もちろん歌は聴こえてきますので、目をつぶって聴いていました。
「愛する者に 今裏切られて  
「て    」の高音、すーごいキレイなビブラートで思わず笑みがこぼれました。
テノールの強みですね、この高音の安定感は。
「許しはしないぞー」
の低音の迫力も十分だし、本当に歌唱に関しては自由自在。

マスカレード
「驚いたかね 私はまだ健在だ」
最前列は色々分かって楽しい判明、え?ともなります。
ここテープだったのね・・・。またテープ箇所が増えましたな。
あのガイコツかぶって歌えるか、というところでしょうが、ちょっと悲しい。

墓場にて
橋元ファントム&苫田クリスの2重唱は迫力満点
凄すぎて、最前列なのに涼太ラウルが来たことに、全く気付けませんでした(笑)。

PONR
1幕が割とあっさり傾向だったので、期待しないで観ていましたが、良い意味で裏切ってくれました。橋元ファントム自体、2幕目から調子を上げてきた感じもあって、私としてはこのシーン満点かも
橋元ファントムの歌い方がぐっと官能的になって、なんだー出来るんじゃーん、と思ったり(笑)。橋元さんは指が細長く、手の表現も素敵でした。クリスと手を絡め合うシーン、すっごく良かった~情熱ベンチで苫田クリスとガッシリ貝殻つなぎ(笑)した
橋元ファントムの手が、とても力強くて「男」を感じさせます。
「共に どこまでも二人で」
はそれこそ、どこまでも声が伸びて、ひっくり返ることがありません。

ラスト
特筆すべきは先程も申し上げた、橋元ファントムの「表情」です。
演技派な佐野さんも凄いけど、橋元ファントムはすっごく細かい表情がむちゃくちゃうまい。刺すような目を瞬時にするかと思うと、すぐ切ない瞳になったり、狂気に変化したり、ハッとするような悲しい表情をしたり、心の仕訳(笑)がハンパないです。
クリスとのキスシーンは、驚きと、喜びと、でも別れを悟った切なさの順で表情が変わり、あのシーンでここまで細かく心情を思わせるとは、ハイレベルな表現力です。
「クリスティーヌ、I LOVE YOU」
は頑張ったね(笑)。
「わが愛は 終わりぬ 夜の調べとともに――」
凄かった・・・
エクセレントとしか云いようがありません。
「に   」のロングトーン、最後声量をグワッと上げて、素晴らしいフィニッシュでした。
もういつまでも聴いていたいっ!
コメントくださったファントマーさんの「1週間後また観ようと楽しみに」は大納得。
とにかく橋元ファントムをたくさん観たい気分です。
ファントムが染み込む程、橋元さんは歌唱、演技共に飛躍を見せてくれそう。
本日何度目の「凄い」か分かりませんが、本当に
橋元ファントムは凄い!! 


カテコ
本日はたぶん6回(拍手に夢中でよく覚えてない)!
今日は韓国の方も多く、なので、カテコ盛り上がっちゃうのかなと思っていました。
まぁそうでなくとも、素晴らしかったし、実際1階はほぼスタオベで、凄い拍手でした。
橋元ファントムが登場すると割れんばかりの拍手
私はカテコ4回目から参加。
で、叫びました。
「亜沙子ちゃ     ん!!」
ちゃんと苫田さんはこちらを見て軽く首をかしげ、笑顔で応えてくれました!
カワイイ!!
苫田さんはコールされるとちゃんとそちらを向いて、笑顔で応えてくださるようです。
エライ!!
いやーカテコも目の前だと本当に楽しいし、苫田さんにコールも送れたし、
今日は大満足のカテコでした!

というわけで、橋元ファントム、一度ご覧あれ。
細かいところと好き嫌いは置いといて、歌を聴くだけでも価値はありますぞ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する