『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

2013年3月10日 東京公演

ファントム   橋元 聖地
クリスティーヌ 苫田 亜沙子
ラウル     中井 智彦
カルロッタ   河村 彩
メグ・ジリー  西田 ゆりあ
マダム・ジリー 原田 真理
ピアンジ    永井 崇多宏
アンドレ    増田 守人
フィルマン   青木 朗
レイエ     寺田 真実
ルフェーブル  深見 正博
ブケ―     佐藤 圭一

オーケストラ指揮 吉住 典洋

レジェンドキャストは相変わらず申し分なく、この3人は何か新しい絆で
結ばれているような、オペラ座を盛り上げる新風を感じました。
役を超えて、信頼し合っている素敵な3人。だからこそ、
この上もなく素晴らしい「オペラ座の怪人」が完成しているのだな、と思います。

と、メイン3キャストはいいとして、プリマドンナシーンは迫力失速。
ひたすら頑張っていたのはハンニバルから気合い十分の
河村カルロッタだけでした。全体的に声量がガクッと落ちて、
中井さんと河村さんだけじゃ、どうにもならない7重唱だったなぁ。

スィンク・オブ・ミー
本日も苫田さんの「愛~」は素晴らしかったです。
音程が下がっていく瞬間に、苫田さんの集中するのが分かって、
やはりここはプロでも一層気合いを入れないと
キレイに音程を下げていけないんだな、と。
気を抜くと、端折ったみたいな音に聴こえます。
完璧なラストで「苫田クリス、今日も絶好調だねを確認。

オペラ座の怪人
橋元ファントムのボートを操る手の動き、とっても良くなりましたね!
以前はワケも分からずやたら指先をくねらせてるように見えたものですが(笑)、
全体にわたり、指先の動きまでキレイに決まってきて、
一段とファントムらしくて素敵
橋元ファントムのセクシーさの凄いところは、その要素として全く相反する
「純粋さ」を保っているところです。
そこを踏まえて、

ミュージック・オブ・ザ・ナイト
で、クリスの顎を引き寄せ、ギリギリまで唇を近づけていくところなど、
乱心MAXな官能さの中にあって「美しい」です。
まるで絵画を切り抜いたような「美」

「私を触ってほしい」
ここも全くクリスの胸などなど、ガツガツ触らないのに(笑)、
右手をクリスの腕に這わせて、最後ギュッと握り締める、
ただそれだけが異常に官能的。
(良い子はここSKIPしましょう)指先でメイクラブ(笑)みたいな。
思わず苫田クリスもずっと橋元ファントムの指先に触れていたいような、
花嫁鏡のところまで、2人共こっそりギュッと手をつなぎ合っているよう。
大人にしては子供っぽい所作、なんだけど、大人の恋心が
よーく表れているような、本当に素敵なシーンを魅せて頂きました。
要するに、サワればいいってもんでもないんだな(笑)、ということですね。
ちょっと前後しましたが「心のおもむくま・ま      !!」
完璧最高 
多分毎回このMOTNではそうなんだと思いますが、
橋元ファントム、今日は相当ハイになって、まるでトランス状態。
「君は私のもの」の音の入り方が揺らいで、変な言い方ですが、
幻想的にも聞こえ、なんというかこの世にない音歌っちゃったね
と思いました。本当はいかんけど、私はこの不思議さに浸っていてもいいな、と。
それにしても橋元ファントム、心おもむくまま過ぎましたね(笑)。
「二人は歌うのだ 夜の調べの中に     
最後のキメ顔!暗転の中、ギリギリ観ることができたけど、
もっと早くキメてくれ(笑)。
この瞬間の橋元さんは、やっぱりすっごいイケメンです。

怪人の隠れ家
「仮面に隠れた その顏は誰?」
クリスに仮面を取られそうになる橋元ファントムは、今日も
ロウソクのしかも火を触って「あ・ちっ・ちっ」
ひろみ・郷かっ。
熱いに決まってるだろ。
とりあえず、クリスをかわせばいいんだから、燭台に触ったらいかんのですか?
「おお、クリスティーヌ…」
今日はミラー側で、お顔確認できなかったのですが、仮面をつけた後、
いつもの威厳ファントムに戻りつつ、クリスをなんちゃらしそうになる時の
クリスを憧れの眼差しで見つめる表情が、なんとも絶妙!な橋元ファントム。
本当に橋元さんという人は、繊細な表情の引き出しが無限ですね~

マネージャーシーン
全幕通して、青木フィルマン、面白かった~
このシーンは確かにコミカルさもあるけれど、口あけて笑えるのは、
青木フィルマンのなせるワザですね。増田アンドレもノリ良く、遊んでくれました。
アカデミーの時お話してくれたのですが、増田さんは青木さんの
ご自宅に行く程仲良しさんだそうです。そういう関係もこのシーンを楽しく
しているのかもしれません。青木フィルマンの
「歌声はまるでそうエンジェル」
で手をパタパタしてくれるのが、大好きです(笑)。
とにかく顔のパーツの動きが、まるで福笑いゲームで、
違った意味の豊かな表情(笑)。オペラ座に来て、
なぜか青木さんにも癒されますので、これはお得でございますな。

All I ask of you
歌の冒頭、ラウルが腕を広げて「クリスティーヌ!」と呼びますね。
中井ラウル、ほんっとに「男らしい!!」
クリスを守っていくんだ、というキリッとした表情が、もうむちゃくちゃカッコイイ!
アカデミーで質問タイムの、微妙な草食っぽさ(笑)は微塵も感じられません。
ラウルなんだから当たり前なんですけど、この変わりようというか。
苫田クリスを見つめる中井ラウルの瞳に、今日はひたすらくぎ付け。
真剣、素敵、愛情深し!
苫田クリスがいちいち可愛いなら、中井ラウルはいちいち格好良い
「共に    !どこまでもふたぁりーでー」
苫田クリスも中井ラウルもマックスな声量で、なおかつ息ピッタリ
キスの後、見つめ合う2人のうっとりな瞳に、私もうっとり
こんな完璧なクリス&ラウル、いないです。
この苫田クリス&中井ラウルのシーンは、1000回観ても感動できる

アポロシーン
今日は橋元ファントムどっちを見るかな、と悲しみと孤独の
シーンにあって不謹慎にもワクワク
うーん 今日は正面でしたね~。
ミラー側下をほんの一瞬見てくれましたが、あっという間。
勘違いにも見つめ愛、ならず(笑)。
今日は橋元ファントムの上半身が全部見えるお席でしたので、
天使像真下近くですと見えなかった、首筋の震えをガンミしました。
怒りで顔を震わすことはできると思うんですが、首筋って案外難しいです。
本当に怒りが込み上げてきて、全身が震えてこないと出来ない表現と思います。
「許しはしないぞ     !」
前回から気になっていたんですけど、最後ビブラートを強くして
終わりにしなくなりましたね。逆にそれを高井さんがやるようになって、
いいぞ~なんて思っていたのに。ここも強めフィニッシュだと、最高なんだけど。

つづく~
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する