『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

ファントム    高井 治
クリスティーヌ  高木 美果
ラウル      鈴木 涼太
カルロッタ    河村 彩
メグ・ジリー   小林 由希子
マダム・ジリー  戸田 愛子
ピアンジ     永井 崇多宏
アンドレ     増田 守人
フィルマン    青木 朗
レイエ      寺田 真実
ルフェーブル   深見 正博
ブケー      佐藤 圭一

オーケストラ指揮 吉住 典洋

今日の高井ファントムは姿勢も良く(笑)、音程ど真ん中が完璧過ぎて、
溶けそうでした。絶対的音感を自信を持ってぶつけてくるあの歌声は、
まさに音楽の天使―ファントム―そのものです。

スィンク・オブ・ミーのあと<笑
ジリーがクリスを抱き締めて「本当に素晴らしかったわ」
と言った時、「ウソはハゲの始まりだぞ」と思わず心がつぶやいたり、
ファントムの「ブラビッシマ」にも、え?どこが?と思ったり。
クリスが本気で歌ってくれないと、この後のすべての称賛が
まやかしになったです。

ザ・ミラー
「わぁ~たしの~」
お、久しぶりの高井ミラクルボイス。すっかり耳慣れた安心感がありますね
高井さん独特の、弧を描くような歌い方。声の調子もいい感じです。

オペラ座の怪人
橋の上に現れるダミーファントムが、この日えらい格好良くて思わず首を突出し
ガンミ。男声アンサンブルが数名入れ替わって、そのうちの一人と思いますが、
暗がり効果かイケメンでした(笑)。

セクシーファントムの両手を腰から胸元へ上げてくる時、
本気の高井さんは上目使いにクリスを見つめ、手が頭をなでつけた後、
軽く頭を振ってアゴを上げる。これが私の中では最高に萌えな高井ファントムです。
苫田クリス越しにセクシー高井ファントムを拝見した時の
あの舐めるように見つめるなんとも言えない瞳からして、
「心が本気」。それを受けた苫田クリスの陶酔感…まさに相乗効果。
と、今日はこの辺一切カットのオペラ座の怪人シーン。
フツーにクリスを見て、台本にそう書いてあるから頭に手をやってみた、ような。
最後まで「台本通り」で、ファントム&クリスのパッションなんて全然生まれない。
相性は当然ありますよね。仕方のないことだと思います。
それでも両者一生懸命演じられていると思いますが、
目に見えないものが生まれてこない残念さ、と申しますか。
先ほどの「パッション」然り、「愛」とか「あこがれ」とか。
そして、こういった居心地の悪さはご本人たちのみならず、
観客にも伝わると思うんですね。
合わないものは合わせない。改善策はないものかな。

で、高井ファントムのカジ捌き>手首のスナップ効いてます(笑)。
それにしても高井ファントムのボートを操る手の動きって前から
あったんでしょうか?やっぱりファントムの中でも一番
指先が白くて美しくて、信じられないくらい官能的。
マント捌き>ぱぁ~、っと扇してました(笑)。うまくいったのかな
「歌え!エンジェル・オブ・ミュージック!!」
最前列ミラー側はこの間、ひたすらティンパニの振動を体感でき、
とても楽しい!テンションUP
「ダン!ダ・ダン!」
クリス「Ah~、aaaa~」
オペラ座旋律の中でここが一番好きです~

ミュージック・オブ・ザ・ナイト
「誰もがひざまづく 音楽の王国」
「王国~」の低音の響きが、まるで体を通っていったような
不思議な感覚を覚え、高井ファントムの美低音を耳ではなく
心が理解したというか、知ってしまったというか。
目の前で歌われている迫力もあって、とにかく高井さんの声が近い!
「私のために歌ってほしい どうか」
で、差し出した手を小指から順番に折って軽く握り締める、高井ファントム指先の
運びの異様な美しさ…。あの指先に、ファントムが宿っているよう。
やはりこの至近距離効果で、指先の色気も過去最高
キレイな指先の男性はそれだけで好きになれると思うタイプですが、高井さんの場合
キレイなだけじゃなく、言葉では言い表せない官能美がそなわっている。
凄い素敵でした~
こういうのはやはり近くで観ないと分からないですね。
「心は空に高く           
の高音をハイバリトンで奏でる不思議さ。
「果てしなく舞い上がる」
一気に半オクターブ下がってもブレない音程が、ど真ん中過ぎて
凄い!!本当に、ここ凄い!!
高井さんの音感の素晴らしさを目の当たりにした瞬間でした。
でも、もっと凄かったのはやはりここです。
「心のおもむくま・ま          !!!」
音感が完璧ゆえ、迷わず声を解き放つ高井ファントム
その自信と調子の良さが、最高の声量を生み出しました。
すご      い!!
今までで一番、素晴らしい「ままー!」だったのでは?
しかもこの声量加減も類をみませんです。2階席は大迫力だったに違いない。
「私にさわってほしい」
前回もわりとさわっていたけど、今日もそれなりに高木クリスを
さわさわしていきました。

オルガン壇上で歌い始めた瞬間から、高井さんが歌に集中していくのが
分かりました。1か月ぶりだからということではなく、「MOTNに賭けている」
というのかな。音程も所作ももう完璧なので、ひたすらファントムとして
MOTNの完成度を上げていく、という感じです。これは年季のたまものですね。
いやー、素晴らしかった。
これほど完璧なミュージック・オブ・ザ・ナイトを聴けるとは思いませんで。
シアワセでした。今日の高井ファントムMOTNは心の動画にしっかり保存。
生涯忘れることはないと思います。

プリマドンナ
期待通り、女性陣の歌唱力がオペラ座天井を突き抜けていきました。
好調キープの河村カルロッタに、戸田ジリー高低音共に力強く、
何より、玉座側で歌っている小林メグの声がこちらまでしっかり聴こえる素晴らしさ。
男性陣の声はかき消されていきましたね(笑)。
素晴らしかった!

イル・ムート
男声アンサンブルの変化で、ここもヘアドレッサーと宝石商が入れ替わりました。
「殿様はみんなの」「世間みんなの笑い者」
すっごい歌唱力にびっくり!この短いフレーズで、
もっとこの二人の歌声を聴きたい!と思ってしまった程。
で、カルロッタが「もう歌えない」となって
「続きまして、カウンテスの役を歌うのはクリスティーヌ」
とフィルマンのセリフに、高木クリスのマイクに入らないセリフ。
「あたし?」
ちょっと笑ってしまいました。
それは、どうなんでしょう(笑)。

All I ask of you
表向きは二人とも笑ってたけど、とりあえず歌うだけ歌った感じ。
それともこれが正当なんだろうか、と逆に考えてしまいました。
四季独特の、俳優の感情の垢(アカ)を落とした状態が、
この二人なんだろうかと。
いやいや、これはまさにレイエのセリフ。
「大たいいいんだけど、でも違うんです」
クリスとして生きているなら、ラウルとして生きているなら、
そこに生まれる感情はあって良くて、しかるべき、なわけでしょ?

アポロシーン
高井ファントム、この歌のラストはしっかりキメきますね。
「決して 許しはしないぞ   ぉぉぉおおおお!!」
全然見えなかったけど、歌声の迫力には体がのけぞりましたです。
思わず「おぉ~」と言ってしまいました。
今日の調子から、アポロシーンの高井ファントムも拝見したかったです。

つづく~
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する