『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

ファントム    佐野 正幸
クリスティーヌ 土居 愛実
ラウル      鈴木 涼太
カルロッタ   河村 彩
メグ・ジリー  中里 美喜
マダム・ジリー 戸田 愛子
ピアンジ    永井 崇多宏
アンドレ    増田 守人
フィルマン   青木 朗
レイエ     林 和男
ルフェーブル  斉藤 譲
ブケ―     佐藤 圭一

オーケストラ指揮 濱本 広洋

佐野ファントム
凄いです
というか、また一段と凄くなった、と思いました。
「人に教えることで、自分の中にも落とし込む」の結果を見た気がしました。
橋元さんへのファントム指導が、佐野さんのファントムを格段に引き上げたのでは?
と。急に「深く」なりました。それはファントムの心の闇にも似た「深み」として。

土居クリス
1幕は、歌い急ぐ感じで、珍しいなと思いました。
これは心臓の鼓動が早まっているのでは?な若干のハイスピードに
土居さん自身の緊張感を感じました。ブレスが短いし。
やはり、佐野さんだけに、かな(笑)?
いつもと様子が違いましたが、2幕から落ち着いて、
「墓場にて」は土居クリスを拝見した中で、過去最高!と思いました。

涼太ラウル
ビックリするくらい素敵なラウルでした
あらあら、これは一体(笑)?
佐野さんの存在が、俳優陣の良い面を引き上げているようでした。
涼太ラウルも過去最高かも。素晴らしい!


ハンニバル
カルロッタが「ええ!!よくある異常なことなのよ!」
と、わめき散らしている間、舞台上手支配人BOX席下で、座って手を握り締め合う
クリスとメグ。この二人はカスミソウがそよぐ程度のおしゃべりをしていたと
思いますが、今日の中里メグはフラワーロック
つられて、おとなしいはずの土居クリスもやたら動くし、口パクパクでしゃべりよる。
ガサ、ピク、ガサ、ピク・・・うごくなー
ミラー側の座席は視界に入る分、気になってカルロッタに集中できなかった~。
でも、「それが 言えないんです」
土居クリス、このセリフがとてもいい感じになって。
お、これはリトルロッテも期待できるかな、とこの時はそんなことも思ったりして。

スィンク・オブ・ミー
テンポは速かったけど、最後の「あ・あ・あっあっ   愛~!」
は素晴らしかったです。相変わらず安定した高音は、一音一音美しかったですね。
そして聞こえてくる、ファントムの声…
「ブラバ~、ブラビッシマ~」
おお~、佐野ファントムのお声が~

リトルロッテ
先程の土居クリスセリフ期待は、ザクザク裏切られ、
「え」「あ″?」「は?」の連続…。
    ッ!なんだか以前よりダメになってるではないか!
緊張して、うまくしゃべれないという感じでしたが、そうなっちゃうと
セリフはどうにもならんですね。
声は低くならないように話しているのかな?<頑張って!
無理でもウソでも、以前書いた「アニメ声」目指して、
あとは変顔極める(アルプ参照)前に、苫田さんのモノマネ極めて、
ウソっぽくてもクリスっぽくなるといいです。

ザ・ミラー
「わーたし・のー」
キタよ~
この低音&ビーズ級の細かいビブラート、素晴らしい
しかも声量が凄い!これは調子もノープロブレム!?
鏡の向こうの佐野ファントム、これまた異常にカッコイイ
背の高さもそうなんですけど、彫りの深いお顔立ちに薄暗い鏡の中の照明が
良い感じに当たって、幻想的かつ官能的。
しかも!微妙な顔の傾き加減が超絶妙で、まさにファントム~!
素敵~
鏡が開いて佐野ファントムのクリスを握る手が、これまた素敵~
キレイにそろった長ーい指先がたまらんですね~。

オペラ座の怪人
テープといえども「愛しい人よー」の佐野ファントムボイスに、
心臓が高鳴っていきました。良いお声です。
橋の上でクリスに「ちょっと待て」な所作も、なんてことないのに
いちいち素敵~
ボートで現れた佐野ファントム、まずはボートを操る右手の動きをガンミ。
美しくそろった指先の白浮きするなめらかな手の動きを拝見し、佐野ファントム体感。
「この心に ひそむは」
で、右手を後方にガッと上げるところ、またなぜかゾクゾクして、
心拍数は上がりっぱなし
ボートから降りた佐野ファントムのマント姿は、カッコイイと美しいで、
カッコ美し過ぎる!マントが異常に映えますね~。
「歌え…」
叫びたいところを感極まり過ぎて、抑え気味な「歌え…」になったような、
素晴らしいセリフの運び。うまい!
マントをきちんとボートにかける、この余裕がスゴいです。
腰から胸元に引き上げてくる手の美しさ、佐野ファントムの執拗にクリスを見つめる瞳、
そして頭をなでつけた瞬間、最高視聴率をはじき出しました(笑)。
官能と狂気を足すと「エロ」になるような佐野さんのファントム。
ねっとりした感じ…こう演じられることが凄いですよね。
エリックの蛇にも似た瞳ってこれじゃないか、とさえ。
山祐ファントムのように仮面に手を当てる、は今日見れませんでしたが
まぁ、もう十分素敵なのでなんでもいいや、です。

ミュージック・オブ・ザ・ナイト
「耳をすませて 聞いてみたまえ」
クリスの顎を引き寄せ、結構顔を近づけましたね!佐野ファントム。
ううう、素敵・・・
「心は空に高く      
は、ああ、ちょっと厳しいかった…。
逆に、高井さん、よくこの高音出るな、と感心してしまいました。
「君は私のもの」
格子に手を掛ける姿に、またうっとり。
背、たかーい。足、ほそーい、ながーい。腕、ながーい。
エリックと全く同じ体のつくりに、この辺からエリック降臨現象が。
「心のおもむくま・まぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
この「ぁ」で佐野さんの細かいビブラートが伝わるはずもないけど、
この細かさにあって凄い声量が、恐ろしい程の「迫力」を生み出すのです。
やっぱり佐野ファントムの「ま・まぁぁぁぁぁ!」は、この東京公演オペラ座最高。
「私にさわってほしい」
結構、さわりますね。ドキドキしました。でもここが凄い!
それでも「紳士」です。
エリックが幼い頃から自然と身に着けた「紳士な振る舞い」を佐野ファントムに
とても感じるし、クリスをきちんと「崇拝」しているのが分かります。
これは、クリスがオペラ座屋上でファントムに感じる「脅迫と崇拝(英語歌詞)」に
つながるような、完璧なセオリーと思いました。
そして、子供程しかない体のクリスと細く長身なファントムといえば、
佐野さん&土居さんが理想的だ、と思いました。
小柄な土居クリスをまさに包むように後ろから抱きしめる佐野ファントム。
これは額に入れたいような、素敵なショットだった~

怪人の隠れ家
「待て! 何をするこいつめ」
追いかけ方が、相変わらず違った怖さです(笑)。背中を丸めて、
ちょっとビーストっぽいけど、これが逆に功を奏して&計算しているのかも。
だって、ファントムは檻の中に入れらていたから。
「おお クリスティーヌ」
ミラー側、しかも1階席ながら後方気味で雰囲気しか分からず。
残念!ここは、切ない感じがしました。

つづきます
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

07 « 2018/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する