『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

(2幕)
マスカレード
Red Deth衣装の佐野ファントムの素敵さは相変わらず。
そして、「ドン・ファン」のスコアを投げるのが大変お上手ですね!
私の拝見した限り、必ずアンドレの胸元にスポッと入ります。
クリスのネックレスに手を掛ける直前、佐野ファントム、苫田クリスのあごに
手を添えそうなシーン。ちょっと今日は距離があったけど、あのほそーい指先が
苫田クリスのあごをかすめていくのはたまりません。

墓場にて
亜沙子ちゃんは、本当に良い子です
毎回ここを一生懸命歌い上げてくださって、素晴らしいクリスです
「明日生きる力を 与えてほしいいいいい
はぁぁ いいねぇ…
もちろん拍手喝采
亜沙子ちゃん、最高です!

Wandering child
「ここへおいで 私の愛しいクリスティーヌ」
うんうん、うなづく苫田クリス。なんて可愛いんだ!!
エエエエエンジェル・オブ・ミュージック 私の大切な人」
苫田クリスの佐野ファントムにぐぃっと伸ばす手がとてもいいですね。
「求めてる!」感じが、佐野ファントムの迫力相乗効果になっているよう。

ポイント・オブ・ノー・リターン
私にとっては、佐野ファントムでこのシーンを観るだけでも相当の価値があります。
「もうはや退けない 振り向くな戯れはこれまでだあああ
佐野ファントムの細かいビブラートで織り成す重低音の響き、四季独特のアクセント、
山口ファントムの面影、など様々な要素から92年のオペラ座にフラッシュバック。
あの時の感動・衝撃・歓喜にひたれるミラクル。
佐野ファントムの歌唱も本当に素晴らしいし、あのマント姿には惚れ惚れ。
クリスが歌っている間、佐野ファントムはじーっとマント越しに
クリスを見つめているんですね。佐野ファントムの執拗なまでのクリス愛が
そんなところで観られるとは。今頃気付くなんて、惜しいことをしました。
4/19のレポでも書きましたが、佐野ファントムはなんせ「紳士」なせいか、
クリスとの片手つなぎも、情熱ベンチの両手つなぎにも官能はほとんどないのです。
代わりにそこにあるのは「狂気」
クリスを離さない、クリスの行くところ自分も行く、
クリスにひとりぼっちから救ってもらう、、、
この想いを叶えるために、PONRを歌い願っているようです。
今日は苫田クリスの表情がよく見え、
前のめりに自分を掴む佐野ファントムに、恐怖と困惑の表情。
「行く手には ただ一筋の道が!」
お互いの手を固く握り締め、震わせながら舞台中央へ。
毎回、佐野ファントムはマント越しでも強烈な激情が伝わってきますね。
「言ってほしい 僕を求め
 共に   !どこまでも二人で」
ファントムから指輪を受け取り、苫田クリスのどうしていいか分からない
切なさMAXの表情は素晴らしい!

ラスト
「醜さは顔にはないわ」
その瞬間の佐野ファントムの邪心から一瞬解き放たれた表情が、むちゃくちゃうまい!
「けがれは心の中よ」
で再び卑屈な顔に戻る佐野ファントム。
「ほらどうやらお客さんだあ!」
この不敵な笑みがまたいいんですよねぇ…
佐野さん、本当にどの表情も大変お上手ですが、とにかくラストは最高です。
ファントムにとって「笑う」ってことは「皮肉」でしかない人生だったと思うので、
それがよく表れていると思いました。
「哀しみの涙今 憎しみに変わるうううううう!
クリスの気持ちに対して、佐野ファントムの表情の移り変わりは、本当に絶妙です。
最初は凄すぎてとても文章にはできないと思いましたし、
今も書くことは書けそうだけど、とても伝わらないだろうな、と思います。
瞳表現は神の域です。
様々な気持ちを同時に佐野さんは瞳で表すことができる。感情に順番がないのです。
クリスに嫌われたくない強い気持ちとこんなことになっている哀しみが
同時に伝わってくる凄さ。何度だって書きます。
佐野ファントムは凄いのです!!
3重唱は素晴らしかった
「君をおも     ってやったのだああ!」
中井ラウルの声が響きます。
「エンジェル・オブ・ミュージック 昔は心ささげた」
苫田クリス、すでにマリアな表情。というか、お母さんですね。
小柄な体から優しさオーラがうわーっと湧いてくるようでした。
「許さない 選べ!」
ここもねぇ…クリスが選んでくれなかったらどうしよう…という含みの表情が
素晴らしいですね、佐野ファントム。
「絶望に生きた哀れなあなた 今見せてあげる私の心」
100%マリアな苫田クリスに、そんな優しい言葉を掛けられておかしくなりそうな、
すでに少年に戻りかけの佐野ファントム、2人の表情は最高です!
キスをして、ファントムを抱き締める苫田クリス。
苫田クリスの右手が、佐野ファントムの背中を優しく、そしてゆっくり
ぽんぽん・・・
ううう、これは愛に満ち溢れていますね…
素晴らしいです…
体を離し、半ば放心状態の佐野ファントム。
初めてのキスの困惑、クリスとのお別れを悟った切なさ。
ラウルを見ることで威厳を取り戻していきます。
ラウルの縄を切る瞬間、クリスへの佐野ファントム「優スマイル」、
今日は少し泣き顔でスマイルな歪んだ表情になりましたが、
それはそれでたまらなかった

「何もしゃべるな誓うのだ この地獄の全てを」
「行けぇっ!」
この「行け!」が男らしくて、異常にカッコイイんですよねぇ…
絶対的で逆らい難い「行け!」は、エリックのよう。
「行ってくれぇぇぇ お願いだああああああ!!」
ここはやはり歌ってほしいですね、私は。
「あああああ」と半音上がっていく哀しみの旋律が、心に響きます。
半狂乱で泣き崩れるように猿のオルゴールそばへ行く、佐野ファントム。
「(英語訳)マスカレード 仮面に隠れろ
 世界は決してお前を見つけることはないだろう」
「クリスティーヌ I love you…」
ちょっとはにかみながら優しく、でも哀しみでいっぱいの「I love you」です。
今日の佐野ファントムは、クリスのベールをギュッギュッと
痛い程抱き締めていました。
本当に涙が止まらないのです、佐野ファントムは
先日、某映画で大泣きでしたが、私の場合いつも涙が溢れるに任せ
淡々と泣く感じなんですけど、佐野ファントムの時は全然違うんですね。
まず顔が平静を保っていられず、涙と共にくしゃくしゃになりそうなのをこらえ、
そうして我慢していると唇がプルプル震えてしまって、
もう涙でベッタベタの泣き方です舞台に集中しろ!と言い聞かせなければ、
オイオイ声を上げてきっと男泣き。涙ひとつとっても、佐野さんのファントムは
「何か」が心の奥から「何か」を引き上げるようです。
心が泣くって本当はこういうことなのかな、と思いました。

「わが愛は終わりぬ 夜の調べと共に        !」
素晴らしいロングトーンをきめ、ベールを打ち捨て、
玉座に向かう佐野ファントムの歩く姿はまさにエリック。
さよなら、エリック。
今日は思わず、そして初めて、心の中でそうつぶやきました。

カーテンコール
5、6回はありましたかな?
1階はほぼスタオベな感じでしたね!
今日は佐野さんのファントムを観劇できる最後の日と思い、
心に決めてきたことがありました。
カテコ3回目、佐野さんが一歩前へ出られた瞬間スタオベ。
「佐野さ     ん!ありがと    !」
コールした瞬間泣きそうになりましたが、グッとこらえて笑顔で拍手
亜沙子ちゃんと青木さんがこちらを見てくださって、
嬉しかったけど、今日は佐野さんに一点集中。とにかく佐野さんコールを1度だけ。
私のオペラ座歴史の中で、思い出深い方が今もこうして舞台に立って
頑張ってくださっている。本当に大変なことだと思います。
佐野さん、いつものお辞儀で舞台袖にはける瞬間、会場割れんばかりの拍手
佐野ファントム、本当に・本当に・最高です

帰り道は油断をすると本気泣きしそうで、しんどかった。
佐野ファントムが最後かと思ったら、やっぱり涙が込み上げてきました。
楽は笑顔で終わりたいなと思っていますが、今日の感じからやっぱり
最後は大泣きかもしれない…と感傷的になってみたり。
そして、ファントマーさんとも話していましたが、
結局、なんでもない日のオペラ座がやはり最高だったりします
記念日だから、きっと完璧な舞台と素晴らしいカテコだろう、
は経験からしてないですね。
25thのカテコは大変素晴らしかったし、観る価値は十二分にあったと
思いますので、記念日はカテコを観に行くくらいが妥当かもしれません。
いずれにしても、今日も何でもない日の「最高のオペラ座」でした
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する