『オペラ座の怪人』は凄いし、好き。

『オペラ座の怪人』をひたすら愛するブログです。

4/29 30th オペラ座記念日は初演時のキャスト登板もめでたく、
彼らが30年もオペラ座に携わってきたのだと思うと
感慨深さもひとしおです。

特に佐野さんはアンサンブルから入って、
今やタイトルロールですので、
もうこれ以上言うことのないKing of オペラ座。
私の初ラウルですが、今でもラウル役復活を切望しています・笑。
ファントムが山祐さまでなかったら、
きっと何年もラウルとクリスを応援し、
ファントムをストーカーおやじ呼ばわりしていたかもしれません。
というくらい、当時の佐野さんラウルは
すんごいイケメン過ぎて息もできない
最高なラウルだったです。

深見さんは、私が拝見した26年前もルフェーブルさんで、
2階席最前列からでも深見さんの
まぶたガッツリ青のアイシャドウがまぶしく
瞳もギラギラしていたので、
どういうわけかカルロッタやピアンジよりも
深見ルフェーブルさんをすごく思い出します。
今ではすっかりおじーちゃんのようですが、
当時は確か金髪のガールと付き合っていて
その雰囲気からか日本人ぽくない
オリエンタルなルフェーブルでした。
26年前のある公演で、カルロッタがエリッサの歌
「どうぞ想い出を この胸に」
と歌っているとき、髪飾りの一部が舞台に落下。
2、3秒の間を置いて、のっそりとその髪飾りを
拾ったのが深見ルフェーブルです。
今思い出しても凄いのはルフェーブルっぽく
「なに落としてんだよ、めんどくせーな」
とコソコソせず堂々と拾ったこと。
だもんで、本当にあの頃のオペラ座って
脇役もアンサンブルも個性派揃い。
それを第一声でなにもかも持って行く
山祐ファントムの「わーたしーのー宝ものに」
に続き、ボートで現れた時、どんだけカリスマティックだったか、
というわけですな。


青木さんもずっとフィルマンさんです。
驚くべきはその容姿が30年間全く変わっていないこと。
本当に怖いくらい、今も昔も年を取らず
歌声変わらず、年齢不詳のフィルマン役です。

早水さんは、お名前も変わっていますが、
役もカルロッタからジリーへと何事もなくシフトして。
今、カルロッタをやってもむしろ返って素晴らしいのではないか、
と思っています。
30年も前ですから、それなりに若い早水カルロッタだった
といいたいところですが、昔から今くらい貫禄があって、
すんごい怖くて、すんごい高圧的な、すんごい感じの悪い
カルロッタと書いて高慢ちきと読めるようなカルロッタです。
なので、間違ってもカルロッタが可愛いと思えることはない
と断言できるキャラでしたのに。
今はどのカルロッタも小柄で可愛く、
全然憎たらしくなくて、うっかり応援してしまう始末です。

全くの残念なことといえば、
30年という年月はどう頑張っても
クリスティーヌだけは維持できないこと。
30年クリスがいてもいいとは思うんですが。
だって、今も野村玲子さんや保坂知寿さんが歌えるなら
全然ありだと思うし。
26年前にいた50代クリスを思い出せば、
どってことありません。
村ファントム、佐野ラウル、玲子クリスティーヌ
なら、実年齢的にも全く問題ない差~、です。
が、ここでひとつ問題が。
30年クラスのクリスティーヌが劇団四季に在籍してない。
というわけで、クリスティーヌだけはえらい速度で量産され、
もはや岩城あさみさんが何代目なのか
どうでもいいくらいの数になってきました。

30thメインキャストの
佐野ファントム、岩城クリス、涼太ラウル。
記念日はファントムかクリスがニューフェイスだったりしますね。
涼太さんのラウル復活、嬉しいニュースでした。
昨今、ファントムは芝さんで止まっていますが、
このへんでそろそろ瀧山さんがファントムデビューしないかな、
と静かにワクワクしております。
が、今週から北澤さんがなぜかラウル復活で、
そういえば彼もファントム後継者だったですね。
北澤さん、瀧山さん、両者ともにファントム・ウエルカムですぞ!!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

みんとむ
  • Author: みんとむ
  • 独断と偏見に満ちています。
    でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
    ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

みんとむ

Author:みんとむ
独断と偏見に満ちています。
でも楽しんでくれたら、       うれしいな。
ブログ内の文章の無断転載・複写はご遠慮下さいませ。

The phantom of the opera

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する